GUNDAM(0131)

  • 2007/12/02(日) 00:39:54

肩関節軸を通す為のパイプ制作。


幅15mmに整えた地金を用意して


丸めていく。


先端は尖らせておく。


ざっくりこんな感じ。


続いて「線引き板」。
丸線、丸棒を作る為の工具。
地金を力任せに穴の中を通して目的のサイズの丸線/丸棒にしてくためのもの。
結構必需品。 サイズや形違いで沢山持ってる。


これが線引き機。
これにさっきの線引き板をセットして、


先ほど尖らした地金の先端部分を裏から通す。


エンマ(プライヤーの化け物みたいなヤツ)で摘んで、


ペダルを回せば、チェーンが動き、
それに連動してエンマが後ろに送られて地金を引っ張ってくれて・・・


こんな感じに、


グググっと、


ハイ、終了。
さらに小さい穴の径に移動して、この作業を繰り返して目的の径を狙う。
この方法だと10mm以上の丸棒からコンマ数ミリ難なく引ける。
線引き機がなければ背筋力で引かなくてはならないのでかなり難儀。

出来合いの地金を買う余裕なんてないので
コレで材料は全て自作するわけ。
死ぬ思いでイタリアから担いで持って帰って来た。

と、ここまで作業して大事なことに気付いた。
今、作ってるパイプには肩関節軸が通る。
と言うことは軸の径を決めないといけない。
プラモの肩関節軸は4mmだったけど、
はたして4mmで耐えうるのかどうか今のところまだ分かんない。

ということで、作業は一旦中断。




いきなりだけど、コアファイター。
出来れば完全変形。







この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する