「銀河鉄道999 鉄郎編 その 

  • 2012/02/17(金) 15:05:57

毎度。
今年は寒ィね。雪もガンガン降ってる。
確か鉄郎の母親が亡くなった日も雪が降ってた。
なので、いきなり「999鉄郎編」でも開始してみる。


武装から。
コスモドラグーンの大まかな形状。


チマチマ作りこんで完成〜


見えねぇけど、トチローの名前とか
タイタン、グレープバレー、年号、
シリアル番号とかも一応刻印してあるwww


ZBrushで鉄郎開始。
誰コイツ?開始直後はいつも不安・・・


チマチマ形状操作して・・・


こんな感じに落ち着いた。
このあと、髪の毛とブーツを新たに作り直して、
コートも気に入らずに作り直して・・・
結局全部作り直した。相変わらず要領悪ィ〜な、オレ。


ここから本番。
今回は最終的に光造形で出力したいんだけど、
その前に最終チェックの為に切削してみる。

出力に見合ったデータの軽さにするため、
不必要な頂点を減らしていく。
結局8万頂点に落ち着く。


エンドミルの有効長(刃の部分)の問題から
上下面の交差を抑えるためにボディー周りを板でふさぐ。
本当はサーフェスを上手く取り回して
余白部分のエアカットを抑えたりも出来んだけど、
ちょっと面倒なのでこれで切削開始。


原点やら何やら細かな設定して・・・


はい、表面終了。これで2時間半くらいだったかな。


材料をひっくり返して背面開始。
切削屑がまるで雪のようだぜ。


完成〜


背面はこんな感じ。
コート背中部分のベルトループは今回はオミット。
本番での光造形までには何とかする。


おお〜っ


スチロールで切削したから見えにくい・・・


サフ吹いてみた。


ポチポチは見えるけど、
幾分見やすくなったかも?


さすがに顔部分は再現出来てないけど、
頭髪はまぁ何とか分かるかな。
画面上ではなかなか分かりにくいニュアンスも
こんな感じで立体になると良くわかる。
結局肩の位置と足がまだ細いのでそこらへんを修正して、
最後に光造形にしようと思う。
いろいろ関節パーツ探して研究してんだけど、
あわよくば可動モデルにでもしてみたいわ〜

キミは、生き延びることができるか