Foot_031

  • 2010/05/31(月) 11:23:59

毎度。
世間はipad一色な今日この頃・・・


ようやくヒザ下パーツの切削開始。
荒削り終了時点でこんな感じ。
今回はモナカ工法なので、
材料の厚みには特に気を配らないと、太っちょな足になっちゃう。


仕上げ終了。コチラは表面。


裏面はこんな感じ。
水平に入ってる2枚の板は、
フレームを収めるための制御板。


一気にヒザも切削。


こんな感じ〜


サポートから切り離して組み立てた。
位置合わせのホゾもランナーに切削しておいたから、
組み立てはバンダイなみの手軽さ。


等高線切削の名残りがあるけど、
そんなこと気にしない方向で・・・


毎回キャスト屋さんに持ってくの、
軽く恥ずかしいんだけど・・・
でも毎回完璧な吹きで感謝しています。

キミは、生き延びることができるか

Foot_030

  • 2010/05/29(土) 09:35:56

毎度。
引き続き足のデータ修正。
表面の気になるところを修正したり、
エッジが甘くなってる所に切れ込みいれたり・・・


裏面もきっちり作りこんでいく。
白色が表面、ピンク色が裏面になる。
キュベレイ?


厚みとか結構目検討。
CADでスケール作ってメタセコ側でなんとなく合わす戦法。


大体こんな感じでたぶんOK。


ミラーとフリーズ。


左右に割って切削準備。


せっかくなのでレンダリングしてみた。


アンクルアーマーがないので、足首スカスカ。


お台場のガンダム風。


そうこうしてる間に、切削終了。


ちょっとしたプラモみたいじゃん。


表面と、


裏面にサフ吹いて・・・


組み立てたら完成〜
やっぱり低発泡材は毛羽立ちが目立つのぅ〜

キミは、生き延びることができるか

Foot_029

  • 2010/05/27(木) 09:33:43

毎度。
暑くなったり寒くなったり天候不順の今日この頃。
午後から材料購入と、ジャンクパーツ探しでアキバへ。
必要なものは買えたし、思わぬ掘り出し物にも出会えたけど、
さすがに午後丸々アキバっちゅうのも堪える年齢。
めっちゃ疲れた・・・


前回のこのデータでテスト切削開始。


切削パス(荒削り)の設定。


こんな感じで・・・


バシバシ削ってく。


表面の荒削り終了。


仕上げ終了。使用エンドミルはボールの1.4mm。


続いて裏面。


これで両面終了。


サポートを取って、表面軽くペーパーかけてサフ吹いたところ。
表面の構成をチェックして、データの修正箇所を洗い出す。


ちなみに切削にしろ光造形にしろ、
表面の積層(切削)跡は必ず残るもの。
通常はゴム型取る前に、ヤスったりして痕跡を消すんだけど、
手の入らない箇所が多いものはサフ吹けば一発で面が綺麗になる。
↑は結構綺麗に出力出来たんだけど、
それでもスクロールの内側とかにはやっぱり積層跡が目立ったので、
2回ほどサフ吹きしたらこんなに綺麗な面になる。
模型の世界では基本なんだけどね。
この後、通常通りゴム焼き出来るので是非お試しを。

キミは、生き延びることができるか

Foot_028

  • 2010/05/20(木) 08:50:01

毎度。
いろいろ奮闘した結果、
やっぱりポリゴンでモデリングすることにした。


脚部をスキャン。
時間短縮のために片面だけの読み込み。


読み込んだ左面のスキャンデータを右側へミラーコピー。


スキャンしたデータにポリゴンを貼っていく。
青色がスキャンデータで白色が貼り貼り途中。
地道な作業で心が折れそうになる・・・


やっとココまで来た。
がんばったんだけど、どうしても3角ポリゴンが入っちゃう。


ヒザをサクっと。
ヒザとふくらはぎは後々のことも考えて、
別パーツ化しておく。


こんな左右対称の形状は、片側だけ作業していれば、
自動で反対面を左右対称編集してくれる。
なんともありがたい機能。


材質が白だったら面の滑らかさとか非常に分かりにくい。
一時的に「百式」風にして曲面をチェック。
あとテクスチャー貼りこんだりしても結構。


とりあえずこんな感じ。
一部エッジが飛んじゃってる所がある・・・


ドズル専用とか・・・


バトルダメージ仕様とか・・・


・・・と、一通り遊んだら、
ミラーを確定して面をフリーズ。


一応この時点でサクっと内側の面も作っておいた。

キミは、生き延びることができるか

Foot_027

  • 2010/05/13(木) 00:48:06

毎度。
脚部のモデリングを開始してみる。


ささっとサーフェス張ってみた・・・


なんだこりゃ。全然ダメ。


どうにもこうにも難しいなぁ。
もしかしたら頭部に匹敵するくらい難しいパーツなんじゃね?

キミは、生き延びることができるか