GUNDAM(0119)

  • 2007/10/21(日) 00:18:12

頭部バルカンの取り付け。


バルカンの設置場所に2mmのドリルで穴を開けなおして、


パイプを差し込む。


ロウ付けは裏側から。
こういう時、ロウを乗せすぎたらバルカン周りがグダグダになるので注意が必要。
下に見えるのは・・・
スイス人の時計職人に分けてもらった黒曜石みたいなのを粒状に砕いた物。形が不安定で耐火煉瓦上では転がってしまうような形状のパーツのロウ付け時などに重宝する。時にはこの上で、時には差し込んで、時には埋没させて使用する。ま、本当は石綿が一番いいんだけど。


左右のロウ付け終了。


チラリと見えるバルカンの先端部がいい感じ。
明日はフェイスパーツをひさしに設置する為の準備をする予定。