GUNDAM(0092)

  • 2007/07/31(火) 01:12:04

久しぶりの大雨と雷。
暑さも和らぎ、大そう過ごしやすい。


つま先の裏貼り。
足裏全体は2枚に分けず、1枚で行うのが理想だけど、
今回は仕上がりよりもスピード重視ということで
こういう作りになった。


↑ロウ付け開始。


↑燃えてる。


ロウ付け後、本当は予定になかった踵の可動を試してみたくて切断開始。
糸鋸を斜めにキープしたまままっすぐ切らねばならない。


無事切断完了。
でも、この足の中に3つのポリキャップを納めるスペースを確保出来るかやや不安・・・

GUNDAM(0091)

  • 2007/07/29(日) 00:58:44

毎日暑いですな・・・
当工廠がある練馬は今日も猛暑。ソーラレイで焼かれてる心境。


↑続いて足のつま先上部をふさぐ。
大腿部や膝のような簡単な構造でも良かったのだが、
ここを塞いでおいた方が、見た目がいいのと、ねじれ剛性が増す。


↑少しだけ余白を残して、カット。


↑まだ面出ししてないし、面取りも行ってないけど、
現状はこんな感じ。

GUNDAM(0090)

  • 2007/07/28(土) 00:35:18

続いて足の裏板の制作。
1/100と言えども、意外と面積のデカい足裏。
流石に足はキモだし、メカもちょっと仕込みたいので、
強度確保の為に贅沢にも1mm銀板を用意する。






力任せにインゴット切断中。
切断直前に、刃と地金部分にタオルとか被せないと、
切断の衝撃で地金が飛んでいく。


↑ローラー。
安い物だったのですぐにダメになるかと思いきや、結構よく働く。
これでインゴットを目的の厚さまで延ばしていく。
ギヤ部分に「ケロロ軍曹」シール、
ハンドル根元に「逆シャア」マグネットが・・・


↑暑さが引かぬ夜中26時、一児のガノタ職人は汗を流して今日も製造中・・・の図。
こんな感じでハンドルを回したら・・・


↑こうやって地金が薄くなる。といってもコンマ数ミリづつだけど。
ちょうどパスタの製麺機みたいな感じ。


出来た銀板の上に先日作った足パーツをロウ付け。


間隔をきっちり計算してもう片方もロウ付け。


高熱源体接近! レンズが燃えそう・・・


ロウ付け無事完了〜

「HobbyJAPAN9月号」から。
MGシャアゲルVer.2.0、カッコイイ。腰回りも改善されてるみたいだし。
IGLOOファンとしては個人的に「オッゴ特集」に一票!

「ガンダムエース」によると、「ユニコーン」が単行本化されるとのこと。
その上、PVも製作中とか。 早く見たい〜。

GUNDAM(0089)

  • 2007/07/24(火) 01:44:54

連日天候がすぐれない今日この頃。
工具が錆びないように油を差しながら、
湿度管理に余念がない日々。



足の制作。 
設定通り、白い部分と赤い部分(ゲタ部分)、
アンクルアーマーの3パーツで構成。


いつも通り、図面を元に2枚重ねにした地金を切り出していく。
これはゲタ部分。


そして白い部分。アンクルアーマーはとりあえず無視して切断中。
やっぱり図面があると、製図しなくていいので便利だなぁ〜


切り出した2パーツをロウ付け中。
火を扱いながらの接写も小慣れてきた感じ。
ただ、撮影後、デジカメレンズが熱くなっているのに一抹の不安が・・・


レンズ・・・、かなり熱くなってるけど大丈夫かな・・・


ロウ付け完了。


酸洗い後。 やっぱり反ってやがる。


2枚作って、とりあえず「反り」を直したところ。



昨日、ミラノ時代の上官が当工廠見学にやって来た。

↑これを見て「どうやって曲げてくの?」とのことだが、
まだ、骨組みと関節のテスト製作中なので、こんなハリボテ状態なんだわ。
本番はちゃんと丸く作ってくよん。

GUNDAM(0088)

  • 2007/07/20(金) 01:22:00


スネ部分は完成したので、続いて大腿部の制作へ。
地金がなくなったので、再生地金を再溶解してインゴットへ。
↑コレ2個で計120g。



必要な長さに切って・・・


↑ローラーで圧延して板材へ。
ローラー作業写真はまた時間あるときにでも。


大腿部もスネ同様追加装甲が必要なので、
目的(真中の十字形)の形にカットする。


曲げて・・・


あらかじめ切り出しておいた大腿部真鍮板にロウ付け。


もう一枚にも貼り付けて、角ダボ穴を開ける。


組立てる。



中央に串刺しにした板に膝関節のユニットがつく。


モモ〜スネが完成。 なんかメカっぽくなってきた〜