GUNDAM(0131)

  • 2007/12/02(日) 00:39:54

肩関節軸を通す為のパイプ制作。


幅15mmに整えた地金を用意して


丸めていく。


先端は尖らせておく。


ざっくりこんな感じ。


続いて「線引き板」。
丸線、丸棒を作る為の工具。
地金を力任せに穴の中を通して目的のサイズの丸線/丸棒にしてくためのもの。
結構必需品。 サイズや形違いで沢山持ってる。


これが線引き機。
これにさっきの線引き板をセットして、


先ほど尖らした地金の先端部分を裏から通す。


エンマ(プライヤーの化け物みたいなヤツ)で摘んで、


ペダルを回せば、チェーンが動き、
それに連動してエンマが後ろに送られて地金を引っ張ってくれて・・・


こんな感じに、


グググっと、


ハイ、終了。
さらに小さい穴の径に移動して、この作業を繰り返して目的の径を狙う。
この方法だと10mm以上の丸棒からコンマ数ミリ難なく引ける。
線引き機がなければ背筋力で引かなくてはならないのでかなり難儀。

出来合いの地金を買う余裕なんてないので
コレで材料は全て自作するわけ。
死ぬ思いでイタリアから担いで持って帰って来た。

と、ここまで作業して大事なことに気付いた。
今、作ってるパイプには肩関節軸が通る。
と言うことは軸の径を決めないといけない。
プラモの肩関節軸は4mmだったけど、
はたして4mmで耐えうるのかどうか今のところまだ分かんない。

ということで、作業は一旦中断。




いきなりだけど、コアファイター。
出来れば完全変形。







GUNDAM(0130)

  • 2007/11/30(金) 16:45:48

ボディーとショルダーアーマーの接続部分について。


瞬着で仮組みしたショルダーアーマー。




ボディーとのバランスはこんな感じ。


ボディー側の軸がこんな感じで貫通するわけ。
でも、負荷がかかる場所だし、このままでは心もとないので
補強でもしてみる。


手元にあったパイプの輪切りを


こんな感じにロウ付けすれば多分OKかと。
ただし、コレは径が合わないので使えず・・・

使うパイプの量も少量なので、
細く切った地金を手曲げで制作してもいいんだけど、
せっかくなのでパイプ引き作業でもしてみようかと。
次回、パイプ制作予定。

GUNDAM(0129)

  • 2007/11/28(水) 11:39:33

どうも、ここ数日寒みぃね。




先日完成したショルダーアーマー、
作ったのは1組分だけなので、
左右両肩コピー用にゴム型制作。


欧米での宝飾経験者には懐かしい生ゴム。
日本国内で流通しているシリコンは高いので、
今回はこのゴムで型を作ってく。
といっても帰国以来あんまり使用せずに
ほったらかしにしてあった物なのでゴムの賞味期限が心配。


アルミ枠にゴムを敷いて、原型となるアーマーを設置。


さらに上にゴムを乗せてサンドイッチにする。


ホットプレス機に挟む。
大阪で言うところのイカ焼き機みたいなモノ。


んで、加熱して焼く。


規定温度で規定時間焼いた後、
アルミ枠からゴム型を取り出す。




一体化したゴムを分割して原型を取り出す。
やっぱりゴムが古かったのか、切る時にえらく手間取った。
ベビーパウダーを上下層のゴム面に散布しておいたのに・・・


この穴からWAXを流し込む。
ガレージキットの世界ならここからキャスト剤を注ぐ。


コレがWAXポンプ。


このノズルからWAXが射出される。


ゴム型の穴をノズルにあてがうと、
ゴム型の内部にWAXが充填される。


こんな感じ。
ゴムが悪かったため、やっぱりバリが出てる。


余ったWAX型。
実戦の世界では、これらの余剰パーツを使って
陸戦型ガンダムが製造されたわけだ。


銀で鋳造してこんな感じになった。
ざっくりヤスって一皮剥いたところ。
鋳造ミスもなく、意外といい仕上がり。

GUNDAM(0128)

  • 2007/11/24(土) 13:56:00

毎度。
「おしりかじり虫軍曹」ですが、それが何か?


ショルダーアーマーのサイドにあるダクト(?)周辺の制作。


今までどおり、切れ目を入れた板をひたすら曲げていく。
幅が40mm近くあるので、綺麗に曲げるのは思いのほか難儀。
ちなみに今回も左右2枚分同時進行。


次にダクト部のフィンみたいな物を作ったけど、
オールドガンダムにはダクトなんてついてないのね。
なので・・・


オミットして、フラットにした。


こんな感じ。
これでようやくショルダーアーマーのパーツが揃った。
次回からゴム型作って複製へ。

GUNDAM(0127)

  • 2007/11/18(日) 00:03:03

毎度。
寒くなりましたなぁ・・・

先日作ったパーツ、
ショルダーアーマー・ボディー側の裏張り作業を。
そんなに見えるところではないけど
一応ちゃんと手を入れておくことに。



それらしい穴をクリ抜く。


裏から0.4mm地金をロウ付けした後、
肩関節の軸を通す為の穴をあける。


こんな感じ。